脊柱管狭窄症やメニエール病の症状|加齢で起きるツライ病の対処法

医者

ヘルニアとの違い

ガッツポーズ

高齢の人が掛かりやすい病が、脊柱管狭窄症です。ヘルニアとは違い間歇跛行や姿勢によって現れる負担など、症状にも違いが現れるため、速やかに病院へ行くことで症状を緩和できます。内科療法による方法で、負担なく治療ができます。

» 詳しく見る

加齢による症状

女医

脊柱管狭窄症とは、加齢によって起こる脊椎にある脊柱管が狭くなる病気ですが、重いものを持ったり長時間運転でも起こることがあります。腰痛や足のしびれがあり、長時間歩行すると症状が出やすいです。

» 詳しく見る

体に起きる症状

三大症状

先生

メニエール病は大きくめまい、難聴、耳鳴りを主な症状の疾患です。片方、または両側性に生じます。めまい発作は繰り返し起こることが多く、転んで怪我をしたり、吐き気で食事が取れないこともあるので、仕事を調整したり周りの協力を得る必要が有ります。 初めてメニエール病を発症した場合、めまい発作でパニックに陥ることもあります。数時間程度で落ち着くので慌てずに楽な姿勢で休んでいただき、安全に移動できるまでは見守ってもらうようにしましょう。三大症状が全て揃って出ることは少なく、一つでも症状が見られた場合は、早期に受診し診断を受け、早めの投薬が重要です。 症状がなくなるまでは時間がかかることが多いため、内服薬を確実に使用していくことも重要です。

メニエール病の症状が出たら

メニエール病はめまいを軽減する薬や内耳のリンパ液を減らす薬とともにビタミン剤が使われます。予防的にサプリメントで補充している方も少なくありません。めまいや難聴にはメニエール病以外の病気のこともあるため、症状が出た都度の受診が必要です。 メニエール病は薬ですぐに症状が落ち着かないときは、自宅安静や入院が必要になります。場合によっては手術での治療もあります。 メニエール病はストレスが誘因になっていることもあるため、休養を取ることが推奨されています。数回の発作を繰り返すことで、ある程度は発作の予測ができる方もいます。必要以上に心配することなく、発作予防のためにバランスの良い食事や禁煙、疲労を避けるなど対策をとることが医師から説明されます。